事業主の資金繰りについて

subpage01

個人事業主は設備投資などを行う際には、資金繰りを考える必要があります。

おすすめのファクタリングの最新情報が知りたい方にはこちらです。

手持ちの資金を使うと取引先の不履行により収入が途絶える可能性があるからです。


手持ちの資金が底をついた時点で廃業を考えなければなりません。



資金繰りが必要な時は、事業主ローンを検討する必要があります。事業主ローンを取り扱っている金融機関は、銀行、商工会議所、民間企業が考えられます。

銀行でローンを組むには、実績があれば簡単に決済は下ります。

しかし、初めてのローンであれば事業計画書を作成し提出する必要があります。銀行が一番注目する点は、本当に必要な設備投資かどうかという判断です。

設備投資をして収益が上がると判断出来るような事業計画書であれば早い段階で与信はパスできます。

商工会議所で資金繰りをする場合も銀行への申し込み同様に事業計画書の提出が必要になってきます。
しかし、商工会議所の会員であれば審査は厳しくはありません。

毎月会費を徴収しているので、商工会議所も事業主の力になりたいと考えるからです。


民間の貸金業者で借り入れをするには、個人で借り入れるのと同じ内容の審査になります。


ただ、会社員に比べ審査は厳しくなります。

日銭が入るような職種であれば、比較的審査は通り易くなりますが、成果報酬型の業種は安定した収入でないため、担保か保証人を求められるケースもあります。



民間の貸金業者の融資のスタイルは以前と変わってきており現金を契約時に渡すのではなく、限度額を設定したカードを発行するスタイルに推移しつつあります。