資金繰りをして現金が不足する事態を回避しよう

subpage01

資金繰りとは、売上等の入金と支払うべき費用の時期を調整して、現金が無くならないようにやり繰りすることです。
資金繰りを成功させるためには、現金の流れを把握する必要があり、帳簿上や試算表、貸借対照表、損益計算書だけでは、分かりにくいものです。

売上が発生した時点で帳簿に記載されるため、掛け売上で後日に入金となる場合でも計上されます。


帳簿上では黒字となっていて儲かっているように見えますが、実際にはお金が入っていないため手元に現金がなく、支払いが滞る状態になる可能性もあります。

ファクタリングの比較についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

資金繰りができるよう現金の管理をするには、月々に掛かりそうな費用や、税金等の支払いのリストを作り、おおよその出費の予想を立てておき、最低限必要になる金額を把握しておくようにします。
その上で急な出費に備えるために、なるべく手元に用意できるように対策を練ります。

多額の売上の場合は内金を入れてもらったり、自社側での支払いの締め日を遅らせて、余裕のあるタイミングで支払えるようにしたりするのも有効な手段です。



自社の経営状態が良ければ、銀行や信用金庫から証書貸付を申し込み、顧客の倒産や不意の出費の備えとすることもできます。



顧問税理士と契約していれば、口添えをしてもらえる場合がありますので、相談してみるといいでしょう。
また、売掛金の相手企業が金融機関の信用度合いが高いならば、売掛金の債権をファクタリング業者に譲渡したり、受取手形を割引して早期に現金化できる方法もあります。